image


トスカバノックさんのコチラ↓のキャンペーンに応募したところ、なんと当選!
タグガンいただいちゃいましたー(*´ω`)




有り難くタグガン植毛初挑戦した様子を少しご報告します。


張り切って全力で投稿した応募ツイート↓





この時に貼った3枚目の写真にも写ってる1/12(ピコニーモS)のこの子の1/6 verを作りたい!と言いつつまさに植毛がめんどくさくて途中で放置になってまして、今回はその続きから!をタグガンで行いたいと思います(`・ω・´)b

2017-08-05-13-56-45




基本的な手順は竜田さんご出演のこの動画まんまなので、コチラを。





こちらの動画ほんとにわかりやすくてマニュアル代わりに凝視しながらの作業だったので、このリンク貼ったことでほぼ今回の記事の仕事は終わってんですがw



都合により手順アレンジせねばならん箇所が1つだけあったので記載しておきますと、

今回、0からの植毛ではなく作業途中の物の続きからだったため、すでにサラン束を使う長さにカット済みの状態で、尚且つ髪型もロングにしたい子だと決定していたためあまりサランの長さを変えたくないって事情がありまして。


動画では、

使用する長さに切ったサランを20本取りして端を玉結び

でしたが、わたしは今回、

使用する長さの倍の長さのサランを10本取りして、真ん中を玉結びして半分で折る

という手順になりました。



単純に作業最中のカット済みサランをそのまんまで使える、ってだけで取った方法だったのですが、結果的には毛束取る時にサランの本数を数えるのが半分で済むので時短に役立ってる…かも…?…数秒はw



そんなわけで10本取ったサランの真ん中辺りで結び目を作るのですが、この結び方に迷って紆余曲折あったのが、今回プレゼントいただいてからレポ記事上げるまでにちょっと時間空いちゃった理由です。

実は、最初はここで手こずっちゃって、「これ普通に手刺しで今まで通りやった方が速くね…?」ってなってました(;´Д`)

なのでもしかしたらこれからもっと手際良くなってどんどん変化していくかなーて思ってるのですが、今んとこはこれで落ち着いてるかなーって結び方は、


半分で折った折り返し部分をひねって輪っかにする。

ひねる回数で結び目の大きさを調節出来る。
いろいろ試して、2回ひねるのが良さそうな感じ。
(1回ひねるだけだと普通に結んだ状態です)

その輪っかの中に片方の端を通す。


image


2017-08-15-15-57-19


伝われ。



これで両端を引っ張るとこんな感じ

2017-08-15-17-57-24




ひねる回数が2回だとちょっと心許ない気がして3回ひねってみたりもしたのですが、その玉結びのサイズだと確かにしっかり植わるので良さげなんだけどタグガンにセットする際に溝に入れるの大変でしたw

なのでここは臨機応変に回数変える感じでいいかなー。



で、結び目の所で折った物をどんどん量産。

2017-08-15-17-57-32




後は動画と同じようにタグガンにセットして、どんどん植えます。



2017-08-15-16-02-01


今回の髪色は、茶色を4本、濃淡のピンクをそれぞれ3本ずつの混色です。




まだ植え終わってないので完成写真が無いのですが、現時点での感想など…


・手刺しより速いかどうかは玉結びの手際にかかってる

・植える工程だけならもちろん間違いなく、連鎖法よりめちゃくちゃ速い

・さすがにぬいぐるみ針よりは太いので、密に植える箇所は注意が必要





針の太さ関連なのですが、今回わたしは分け目部分は植え終わったところで放置していたヘッドの続きの作業だったため、そのままタグガンを使用しましたが、分け目とかツムジとか、生え際(←見せるスタイルの場合)など密に植える必要のある箇所には向かないかなーと思いました。
ぬいぐるみ針と同じつもりで植えるとソフビが裂けて隣の穴とつながっちゃう可能性ありです。

あと、冬場などソフビが硬くなってて裂けやすい状況の時にも注意したほうがいいかも。
作業前にヘッド握りしめとくだけでも手のひらの熱で柔らかくしておけるので、忘れないようにしたほうがよさそう。



ソフビ裂けに関してはもしかしたらタグガンの刺し方に何かコツとかありそうだなーって気はしてるので、これから実際に植えつつ何か見つけられそうな手応えはあります。

密に植える箇所こそ作業が面倒な部分なので、そこでもタグガン使えれば助かります
もんねー、ちょいと探りながらやってみますー。



最後になりましたが、トスカバノックさんどうもありがとうございました!
大事に使わせていただきますっ!(*´ω`)


2017-08-16-14-45-22